リスクを考慮して使用すること

最近タイ産プリメインとである、プエラリアが注目を集めている。イソフラボンを豊富に含むことをウリに、雑誌、新聞などの健康関連記事で話題を集めています。

大豆よりすぐれた機能食品として販売されている。プエラリアのイソフラボン顔料は大豆の数十倍にもなる。イソフラボンを多く含む食材としては大豆を原料とするもの。納豆豆腐などがあります。

最近では大豆より創製した特定保健用機能食品も販売されています。

大豆などにも含まれるイソフラボンは、更年期障害の緩和、骨粗鬆症の予防などに効果があるということが多くの研究者の支持を得ていることも確か。プエラリアに販売サイトが主張するような胸が大きくなるという効果があるのはある程度事実のようなのですが、副作用の危険性も示唆されており、特に若い女性にとっては深刻な副作用を起こすリスクがあります。

プエラリアに含まれている成分で強力なエストロゲン性を持つミロエステロール(Miroestrol)があります。

指定医薬品日本薬局法においては、エストラジオールは要指示医薬薬品に指定されているステロイドホルモンであるが、卵胞ホルモンであるエストラジオール(Estradiol)匹敵する強さがある女性ホルモンです。

プエラリア(ガウクルア)のホルモン作用の強さは想像するのは困難ではない。植物期限とは言っても、生体にとっては異質の化学物質であるミロエステロール、イソフラボン、いわゆる環境ホルモンと同様の作用すなわち内分泌系の撹乱を起こすことに留意する必要があり、医師薬剤師の指示がなければ本来服用できないものです。

ファイトエストロゲンであるイソフラボン、ミロエステロールは簡単に言うと植物起源の女性ホルモン作用物質である。女性ホルモン作用物質を摂取するとそれによりホルモン作用が起きるので内在性の女性ホルモンの分泌が抑えられてしまいますので結果的に代謝系を撹乱させることになります。

日常的にホルモン代謝系の撹乱が繰り返されれば、女性ホルモンの分泌能が衰え不妊症などの原因ともなりやすいです。

副作用が深刻であっても別の原因による症状であるという。ように誤認されることが多いですので、極めて厄介で、無防備に服用すると知らないうちに体が蝕まれていることもあります。

宣伝文句に惑わされてリスクに考慮しないで使用するのは危険です。

結論から言えばプエラリアサプリメントは多くの危険性をはらんでいる。強力な内分泌撹乱物質(ミロエステロール)を含んでいるのだということを忘れないようにしましょう。